1年間、勝間塾で学んできたこと

2016年9月30日

あと半月で、私が勝間塾に入塾して1年が経ちます。

節目として、これまでの1年間、イベントに40回ほど参加、自分では14回主催しました。
勝間塾で学んできたことや、イベントの企画・運営を通じて得たものについて、整理、そしてシェアしたくなりましたので書きますね。
エクセルで表を作ったのですが、どうしても細かく過ぎて見えにくいので、良ければ拡大してみてください。

勝間塾で学んできたこと

 

月例会を通じて 1回/月

行っていること:
知識収集・知識のインプット・気づきのアウトプット

学び、得ているもの:
書く力・伝える力・教養・私塾経営・メルマガ力・講師力

サポートメールを通じて 1回/日

行っていること:
知識収集・知識のインプット・気づきのアウトプット・情報処理

学び、得ているもの:
書く力・伝える力・教養・私塾経営・メルマガ力・著者になる など
週ごとに変わるサポートメールのテーマに対する回答として、これまで約300回以上、1回あたり1,000文字以上の投稿を重ねてきました。
ここまで集中して文章を書いてきたことは、人生でそうなかったと思います。1年あたり30万文字~50万文字。ブログも通じると60万~70万字でしょうか。累計すると凄いですね。
image

勝間塾に入ったきっかけは、1年前にFacebookの広告で勝間塾に出会い、内容にビビっときたからです。
「本業があっての副業や、これからのビジネス拡大の種を見つけたい」
ということをテーマに、入塾しました。
私は、学習欲・収集欲はもともと高いので、試験や資格取得、情報収集などは比較的得意だったのですが、受け身の学びをいかに実践につなげていくか、を課題としていました。
また、「私に何ができるんだろう?」とも考えていました。
「新たにビジネスをするには、高い資格を取らなきゃいけないんじゃないかな。今まで取った資格も生かしきれていないじゃないか。そんな時間もリスクももう取れないぞ。この勝間塾で何かつかめたらいいな。」そんな風に思っていました。

イベントに参加したり、企画・運営するようになって

最初は、「イベント欄って色々あるんだな、ふーん。でも、なかなか家を空けられないし。勝間さんがいらっしゃる月例会にだけ行ければいいか。」
そんな風に感じていました。ところが、あまりにイベント数が多いので、それを参考にさせてもらい、入塾後1ヶ月後に、「ただ、一人だとなかなか痩せられないから、私の好きなマラソンと進捗管理、ダイエットの知識を生かしてイベントにしてみんなで頑張ろうかな!その方が面白そう。」と思い立ち、ダイエットマラソンイベントを運営しました。私は女性専用フィットネスチェーンのスーパーバイザーの経験もありましたし、もともと運動が好きだったので何かできるんではないか、と。結果的に、4ヶ月に50名で―100㎏落とそう、という目標に対して、-119㎏を達成。
そのイベント運営を通じて、色々学びがあり、その楽しさに味を占めて、それからもできる範囲でイベントをやってきました。イベントを通じては、

机上の空論ではない、「五感から得られる生の感覚」

を得ることができました。
仕事や育児の隙間時間を使って、取り組んでいました。
(時には土日返上で320時間/年、以上を使ってきました。たぶん。これに月例会そのものやサポートメール、コミュニティへの投稿、閲覧、関わりなどを入れたら1,000時間くらいでしょうが、まぁ、それは置いておいて・・(≧∇≦))
イベント運営を通じた「起業の練習」としてのイベント運営はとても楽しかったです。仲間と支えあう貴重な体験もたくさん積んでいます。
無料なものから有料なもの、勝間さんが参加されるもの、されないもの。実際にメンバー同士、会うもの、会わないもの。
勝間塾に入られた方は、まず色々イベントに参加者として参加してみて、「こういうものなら私にもできるかな?」というものを探してはいかがでしょうか。
私も家をあまり空けられないワーキングマザーなので、オンラインや自宅開催のイベントが多いのもの特徴です。

何かご参考になり、一歩を踏む出す勇気になりましたら幸いです。勝間和代さん、勝間塾の詳しいリンクはこちらから☆☆

http://www.katsumaweb.com/katsuma_jyuku.php
image
改めて見た、塾生の目指すゴールは、
・5年後に、自分の望む仕事について、しかも年収がアップしている
・5年後に、著者になる、或いは起業できている
・5年後に、自分が一生付き合える仲間に囲まれているでした。
あれ、もう、一つ目以外は結構達成してきているのかも・・ 今、気づきました。
皆さん、これからもよろしくお付き合いくださいね~!

Instagram