フェアトレードでタイのオーガニックコットンを広めよう ~folkcharm craft~

2017年11月11日

こんにちは。女性の在りたい姿を応援する、エバーガールの有紀子です。

 

今日は東京タワーを望む町、御成門にある、日本アセアンセンターに初めて行ってきました。

日本アセアンセンター

とっても開放的なデザインです。

 

この日は貸し切り。

お誘い頂いたのは、タイの女性起業家、パッツィさんの手掛ける事業、タイのオーガニックコットンを使った衣服のストーリーを伺いつつ展示物を見るというイベントでした。

ブランド名は、

 

folkcharm craft

 

です。

 

もともとタイの国連関係で働いていたというパッツィさん。

タイの伝統事業であるコットンを、農家さんからオーガニック&ハンドメイドで手掛けることを事業として考えます。

皆さんが誇りある仕事をし、購入する人も安心して良い品が買えるように、というプロジェクトです。

 

 

事業家っていうのはこうやって地域を巻き込み、雇用を増やして、WIN-WINの関係を築く人なんだなぁと再認識しました。

そして、やはり生産やコミュニティづくり、企画、販売に関して色々悩まれているようです。

プロモーション、値段の付け方、ブランディングなど。

 

 

どこの世界でも同じですね。

今回来日されたのは、もともと夏に、HISのフェアトレードを学ぼうというツアーに参加された方々がパッツィさんを誘致されたようです。

フェアトレードとは、生産地と販売国での物価の差があったとしても、妥当な価格で販売をして開発途上国の発展のサポートをしようという考え方です。

終わってから、どういう風にプロモーションしたらいいかな?とか、値段設定はどう思いますか?などのアンケートにも回答しました。

 

 

各プレゼンテーションが終わった後には、実際にキットを使った布作り体験のコーナーもありました。

 

 

私はこちらの冬は暖かく、夏は涼しいというストールを購入しました。

パッツィさんが着ている上下のお洋服は、こちらのブランドのものです。

 

 

安心安全なオーガニックコットンを、受け容れられやすい優しい色に染め上げるのも技術です。

余った布も無駄にせず、小さなアクセサリーなどに加工されていました。

フクロウちゃん、可愛い。

ベビー用品や、40代~50代のクロワッサン世代の方などに受け入れられやすいかな?

夏の方がいいかな?など感じました。

 

私にできることは、こうやってブログに書くことくらいですが、少しずつ広がりますように✨

日本人のメンターさんとの連携も楽しみですね。

Instagram