幸福度を高める、無料強み診断☆VIA SURVEYを受けました。

2017年6月25日

こんばんは。女性の在りたい姿を応援する、エバーガールの有紀子です。

 

縁あって、VIA SURVEYを受けました。

 

ストレングスファインダーのようなもので、

1年半ぶりにストレングスファインダーの診断を受けなおしました

 

Live happier and with less stress with the only free, scientific survey on character strengths

 

という強み診断だそうです。ストレングスファインダーは177問。

こちらは、120問。制限時間はなく、少し楽で、20分程度と書いてあります。

 

VIA SUREVEY リンク

 

このリンクも日本語でわかりやすいです。

 

強みの診断ツール「VIA-IS」の紹介

「VIA-IS」とは
VIA-ISは、Values in Action Inventory of Strengthの略です。

ポジティブ心理学の第一人者であるクリストファー・ピーターソン博士とマーティン・セリグマン博士が中心になり、ストレングスファインダーのギャロップ社とも協力して開発されました。

DSM-IVという病気の辞典がありますが、バランスを大切にするポジティブ心理学では、強みの辞典もあってもいいのではないかという提起がされたということです。

世界中の読み継がれているの多くの書物から、様々な文化で共通する善となる価値観(美徳)を調べ「徳性」と呼ばれる要素が抽出されました。

米・VIA研究所が提供するこの診断ツールは、世界190カ国、260万人以上の人々に使用され、信頼性や妥当性も検証されています。

「VIA-IS」における強みは全部で24種類に分類され、そのうちトップ5の強みが「自分を特徴づける強み(Signature Strength)」とされています。

これらの強みを生活や仕事などで活用することで、人生の満足感や仕事の充実感が向上するという研究結果が報告されています。

また、この強みを知り、新しい方法で使うことは、ポジティブ心理学介入の中で、唯一「幸福度を高め、同時にうつ症状を改善する」介入だと、カナダのポジティブ心理学学会で代表の Dr. Ryan Niemic 氏が話されていました。

設問は全部で120問ありますが、日本語版もあり、約20分で終了することができます。

ご希望の方は、下記のリンクから『VIA研究所』のサイトに移動し、使用方法に従い登録すると診断が可能です。診断結果はすぐに表示されます。

 

 

私の結果はこちら

 

 

無料でできるのと、日本語対応なので、ぜひやってみてくださいね(^^♪

 

どう活用するかはこれからにらめっこしてみます。より詳しい情報は、課金、とあるのですがどういった情報が得られるのかも興味があります。

 

愛か~。愛が一番なのね、私。

 

 

選択理論でも、「愛・所属」が7で高めでした。

 

BR14 人間関係をしなやかにするたった一つのルール(選択理論入門書)

 

A 愛・所属 7
B 力・価値 8
C 自由 6
D 楽しみ 5
E 生存 7

 

愛・所属も高いですが、 力・価値もさらに高いです。

使いこなし方を考えます。

 

こちらは勝間塾2017年7月度の月例会の課題です。読み解き方を知るのが楽しみです。

Instagram