一人旅・女子旅・ブログの効用 ① 茨城県勝田へ

2017年6月24日

こんばんは。女性の在りたい姿を応援する、エバーガールの有紀子です。

 

ふと昨晩思い立って、1人旅に出たくなりました。

今月は、育児をして、仕事をして、PTAをして、いろんな調整をしていると、なかなか自分のためのまとまった時間が取れなかったのです。

気づけばブログに書きたいことも溜まっていて・・(そこか!w)

自分で自分をコントロールできている実感が減ってきていました。主体性を取り戻したい。

育児中のママなら誰もが思うことですね。

 

口先の言葉って、何度言っても流れてしまうんです。

私の場合、口約束よりも、行動と残るものが大事です。計画を立てて、前に進む実感が欲しい。

 

だから、色々書きたいのです。写真で残したいのです。折しも昨日は小林麻央さんの訃報が流れました。

こちらにも書きましたが、

 

ブログに書き残すことには自分自身のブログセラピー効果と、自分が経験していることの波及効果と相乗効果をもたらします。

ブログを書くことの効用:ブログセラピー

Facebookやインスタグラムでは流れてしまいますし、長いメッセージは残せません。じっくりと、読んで頂き、読み返したいのです。生きた軌跡を。考えた軌跡を。悩んだことを。

幸いこのブログにも読みに来て下さる方が増えたので、なおさら書きたいです。海老蔵さんだって、辛い時だって更新していますよね。ほんとそうだと思います。

そのために、

「これは家を離れて集中する場所に行くしかない」と思いました。

 

そうして、関東圏内で新幹線に乗らずに適度に観光とホテルが充実している町を選び、ホテルを予約しました。

それが水戸です。2時間半のタイムトリップ。

そして、いま、4本目の記事を書いています。

お茶碗も洗わず、洗濯物が乾いたかも確認せず、子供に確認し、明日の参観日もパパに任せて家を後にしました。

強制的に休暇にしないと、主婦業もママ業も個人事業も休みがないような気がします。

 

子供を1人産んだ後は、同じように煮詰まってトライアスロンの大会を兼ねて旅に出させてもらいました。

しかし、2人産んでからはなかなか思うような自由がとりにくくなっていました。

溜め込まないで、こまめにリフレッシュするのが大事ですね。そんな時に非日常である違う町に行ってしまうのは1つの手だと思います。

 

旅のために新調したバッグと、

最低限の化粧品と、読みたい本を持って。

常磐線に乗って、(車内も楽しみたく、あえての鈍行)

緑豊かな田園を観ながら癒されて、

着きました。

笑っちゃうほどありがたかったのが、いきしなに茨城に住む友人に送ったメッセージのお返事です。

 

「良ければサザコーヒーの勝田の本店でお茶しない?」

 

声をかけてくれてありがとう!!

 

今日は一人旅の気分だったから、迷ったー(笑

でも、これも本当にご縁、と行ってきました。電車の中でwebで見たテラスが素敵だったのです。

 

サザコーヒー 勝田本店

 

ね、素敵でしょう。あとは実は彼女の自動運転のAudiも乗りたかったんですよ(笑

店員さんには店内を勧められましたが、テラスへ~

軽くお食事も頂きながら、ブレンドコーヒーをオーダー

行くと決めてからは、「そうだこんな近くで話せるときもなかなかない。あれも話そう、これも話そう!」って思っていたんだけど、

女子トークだか何だかわからないことをべちゃくちゃ喋ってしまい、娘ちゃんに何度も「静かに食べて!」と怒られましたね(笑

全く想定していない時間、とっても良かったですよ!

こういうのがあるから、旅や友人は面白いです。

勝田って、どこらへん???調べながら向かいましたね。

水戸の隣駅でした。いわきとかも近いみたいで、思わずもっと足を延ばしたくなります。

こんなスイッチも旅気分も盛り上げて。写真を撮る私を地元の人はきっと心の中で笑っていました。

水戸に向かうホームでは、前の方に行き過ぎて、後方に電車が来ていることに気付かず危うく乗り遅れそうで(30分に1本しかない)慌ててかけ乗りました。

そんなハプニングも面白いです。

そして、今、じっくりとブログを書いています。

 

あと12時間、自分だけの時間を楽しんで、リフレッシュします!

 

☆ご参考:以下のサイトで調べた、ひとり旅の効用☆

 

http://www.nta.co.jp/tavira/special/hitori/

 

私もこれでも結構気を使いやなんです。わがままとも言われますが。

なので、わがままと言われない気兼ねない旅ってすごく楽。

 

たびーら読者 女子旅経験者1000名に聞きました!ずばり女子旅の魅力は!?

 

1位
自由気まま・気兼ねなく行動・マイペースに旅を楽しめること
ひとりで考え、好きに動き、好きに立ち止まり、そんな時に偶然がもたらす感動がたまらなく好きです。
ケンカの心配もなく、なんとなくやり遂げた感するひとり旅はちょっとした冒険のようで、その冒険感が一番の魅力だと思います。
無計画にぶらり旅ができる
行列に並ぶのも自由、温泉に入る時間も自由、突然予定を変えるのも自由、一度一人旅をすると、誰かと一緒が面倒になります!

 

2位

 

新しい出会い。地元の人や、旅の人と仲良くなれること
新しい友達や、素敵な人にであえる!誰かと一緒の旅では、なかなか新しい出会いはできないから、旅先でできた友達と酒を酌み交わしたり、楽しい経験を共有できることは、他にはない素晴らしさだと思います!
中々一人旅って勇気がいるけど、隣になった人とのおしゃべりも楽しい

 

3位

 

自分自身の成長
全て自分で決めて自分で責任を取る、正に頼るものは自分しかいない環境下でありながら、調査したり行動したり経験したり。
確実に成長しているのを実感できるし、旅そのものを純粋に深く堪能できると思う。
大人になれる。友人などに頼らず、地域の方と触れ合える
普段と違い、会社の人や友達、家族とは異なる人との触れ合いに、様々な刺激を受けて、
それがまた日常に戻ったときに新たな一歩を踏むきっかけにもなるからです。

 

4位

 

感謝の気持ちがもてる
心のデトックス。しばらく一人でいると 淋しくなる。家族のありがたさが、身に染みます。
一人で出掛けられる事を家族に感謝するために出掛けます 一人になって楽しんで、でも、この光景をパートナーや子供にも見せてあげたい、食べさせてあげたいと思っている自分を発見して、帰る所のある幸せ、家族の大切さに気付くのも一人旅の醍醐味。
旅先で出逢った人達に色々と お世話になるので、感謝の気持ちがもてる!

 

5位

 

日々の生活やストレスから解放されてリフレッシュできる
日常の生活とは離れて、すべて自分のために時間が使える。好きな時にごはんが食べれて、好きな時にトイレにいける!
育児につかれたときに一人旅します。
・同行者に気兼ねなく、自分のペースで時間が過ごせる。 日頃のストレスから一人でゆっくりすることで解放できる。

 

6位

自分を見つめ直す時間・自分と向き合う時間ができる

たった、24時間でこれだけの収穫があったら、絶対旅に出た方がいいな。

 

明日は日本三大名園の偕楽園に行きたいと思っています。

旅の効用の続きはまた明日!

 

自然に寝て、自然に起きる幸せも噛みしめたいです。

 

しかも何気に今年早くも3回目の茨城・・ 茨城いいな。1週間くらい居たい。

Instagram