50年のロングセラー、愛されるボビーワゴンの魅力

2017年1月7日

こんにちは。女性の在りたい姿を支援する、エバーガールの有紀子です。今日はネイル収納の面から素敵なアイテムをご紹介します。

 

ボビーワゴンってご存知ですか?

 

イタリアで60年代にわずか41歳でこの世を去った天才デザイナー ジョー・コロンボ氏が、1970年にデザインしたのが「ボビーワゴン」だそうです。
その収納力と機能性が多くの方に認知され、美容室や歯科医院、店舗などの業務用として、また、キッチン用品の収納など個人用として、未だ世界中の多くのユーザーに愛されている名作ワゴンなのです。

私が出会ったのは、ネイリスト向井マキ先生のブログで紹介されている、ピンクの日本限定カラーのボビーワゴンでした。

その際、「うぅっサイドのワゴンごときに、このお値段はお高い・・」なんて申し訳ないことを思って、3時間ほど、熟考の上、購入を見送っていました。

しかし、その後、やっぱりお客様のためにも、自分のためにも、設備投資をしよう、と購入しました。
そして年末のネイル部屋断捨離でしっかり整理整頓を終えました。
使用してみたら、やっぱりいいですね。

 

 

私はこちらの、3段、5トレイにベージュを選んだのですが、収納力もそうですが、使いやすさ、戻しやすさが違います。
下部のキャスターは丈夫で、くるくる365℃回転します。

脇には溶剤やネイルポリッシュを入れるのにちょうどよい場所も。

img_2026

img_1568

上部のサンプルのカラーチャートも、ちょうど施術デスクと同じ高さで、お客様が、「見やすい~」と喜んでくださりました。

中は、釣り具ケースと合わせて、細々しがちなネイルグッズを収納。こうすることで、ボビーワゴンを汚さずに、快適にカラーやパーツが探しやすくなりました。
※釣り具ケースはこちらのケースを高さ違いで購入しました。メーカーを合わせないとおいおい買い増しがしにくくなるためです。強度も満足です。)

img_2045

こんな風に仕切りを取って、カラーごとに並べています。そして、上部にはBUTAIという木製のボビーワゴン用の板が。
こちらを合わせることで、プラスチックが似合うモダンなお部屋でなくても、ナチュラル感を演出することができます。

img_1579

ネイリストにもお客様にも優しく、デザイン性が溢れるボビーワゴン。
この他、化粧品やオフィス文具、リビングや寝室などにも活用できそうですよね。あの位置にはどのカラーを置こう??など考えるだけでまた妄想が広がります・・。

img_1578

このナチュラルな感じのお部屋に合わせるために、白と迷った挙句、ベージュにしましたが、正解でした。

一般的には白が一番出ているのかもしれません。そのほかにも赤やビタミンカラー、そして限定カラーなどが発売されていて、ショップを眺めるだけでも楽しいです。
手前のIKEAのワゴンもこちらもネイリストも主婦も愛用されている方が多いアイテムです。

こちらは、定価約5,000円。これはこれで便利なのですが、やはり高さの無駄が出ているのは否めません。
高さにも角度にも無駄がないボビーワゴン。やはり、すごいんですね。

img_1582

もっと背が低い3段タイプも出ています。

 

50年経っても愛されるアイテムを開発する、デザイナーってすごいですね。
そして類似品も出ず、価格破壊が起きていないのも、世界中のメーカーがデザイナーをリスペクトしているのが良く分かります。

本当によく考えられた必要なものは、普遍的なのですね。眺めるだけでも楽しいので、良ければインスタやグーグル画像検索で探してみてくださいね。

 

エバーガール 有紀子のインスタグラムはこちら

良ければ、Followお願いします♪

https://www.instagram.com/evergirlnail_deco/?hl=ja

 

1/9 写真追加

img_2144

img_2146

img_2143

画像を転載されたい方は、引用元を明確にされるか、ご一報くださいませ。

Instagram