ジブン手帳と、革小物ギフトのオーダーメイド JOCCO ~そんなには使わないくせにやっぱり手帳カバーは気になる~

2018年1月12日

こんにちは。女性の在りたい姿を応援するエバーガールの有紀子です。

 

いまどき皆さん、紙の手帳をどれくらい活用されていますか?

 

ジブン手帳

 

すっかりブログ記事に書き損ねてしまっていますが、私はジブン手帳を使っています。いつかご紹介しようと思っていたのですが。

皆さんは、お気に入りの手帳はありますか?

私は10年くらいマンスリーとウィークリー機能が付いた手帳を使っていたのですが、今はこの1日ごとの記録もしやすいジブン手帳です。2冊目になります。

でもフル活用できているかというとできていません。ソコソコです。

To doリスト、タスク、予定管理、メモなどで、実際の日ごとのタスクはオンラインで行ってしまったりします。

昔、2000年ごろに、アメリカに行ったときに、まだスマホが普及する前に、PDAという携帯端末が流行っているのを目にしました。おお、これはまだ日本ではあまり流行っていないけれど、今後こう言う時代が来るんだなあと、日本に帰って少ししてからソニーのクリエというPDAを買いました。

To do や予定をパソコンのクリアプリに入力し、クレードルで入力しました。今ならスマホからクラウドとの同期で簡単にできる機能です。

当時のPDAにはもちろん電話機能もありません。5万円ほどしたでしょうか。
それでも使いこなせんでした。

今も、iphoneを数年使っているのですが、メモ機能や予定機能を99%使っていません。

意外とアナログな人間なのです。

 

意外と不都合がない、惰性、というのが主な理由でしょうか。

 

手帳って、ちょっと女子高生時代の日記みたいな雰囲気もあり、なかなかやめられないのです。

 

とはいえ、今は手帳以外にも便利なツールがたくさんあります。

気づけばすぐに開かなくなってしまいます。

そのため、手帳の中身や外見にちょっとこだわるようにしています。

web上に書けないヒソヒソ話を、手帳に向かって行う感じでしょうか。

ジブン手帳の良いところは、このように方眼になっているため、東大ノートのようにキレイに字を書くことができるということです。

こちらが日ごとのタイムライン。

左側にはその週のTO DO欄があり、チェックボックスがあるのも嬉しいところ。

初期出荷時のカバーだとあまり女性らしいものがなかったので、アメリカの websterspages というメーカーのA5サイズの手帳カバーを買いました。

こういうのを悩んでいる時間はとても楽しいです。

 

こちらのカバーでも充分可愛いと思うのですが、

いま、知人へのプレゼントを選んでいて、たまたまオーダーメイドのレザーカバーを作ることができるサイトを見つけたので、便乗して、そろそろカバーを変えようかと思っています。

人の手帳って、覗き見るのとっても楽しいですよね。

なかなか見せてもらえないですけど(笑)

 

スリム型、大判タイプなどもあります。私のジブン手帳はこんな感じです。

去年ファーストキットを買ったので、今年は手帳の本体だけを購入しました。

 

 

カバーの方は、サイトがこちらです。

 

JOGGO

 

というそうです。このように、13色の革から好きな革小物をオーダーでき、名入れもできるんですって。

https://joggo.me/

 

ジョッゴと読むんですね。

会社は日本ですが、制作はバングラデシュだそうで、通常は21日以内にオーダーしたものが届くそうです。

 

こういうの、好きなんですよね。

小物好き。

革小物好き。

オーダーメイド好き。

 

昔ナイキのランニングシューズもカスタムメイドした気がします。

 

そしてこのジブン手帳のA5サイズに対応しているカバーはもちろんありました。

手帳カバーにこだわりたい、という方は今なおたくさんいらっしゃるんですね。

 

こんな風にホームページからカラーの組み合わせを楽しむことができます。

今、この画面で悩んでいます。40過ぎてずっとピンクってどうなんだろうな、、、とか。

 

サイトにはいろんな組み合わせの例があるので、見ていると楽しくなってしまいます。

 

今回ギフトにしようとしているのはこういった社員証などを首からかけることが出来るネックストラップ。

 

 

男性用にも女性用にも素敵な組み合わせ。

 

名前も、金字・銀字・彫から選べるんですって。本革だから使い続けるうちに味が出るのも、おとなっていう感じで楽しみです。

結構悩み続けているので、そろそろ決めます。

 

届いたらまた、写真をアップしますね。

 

いつになったら紙の手帳を使わなくなるのかは分かりませんが、もうちょっと(あと5年くらいかな)紙の手帳を持ち歩く生活を続けたいと思います。

 

さ、色、どうしよう・・・。

Instagram