タスカジの料理代行サービスに甘えてみました。

2017年2月2日

こんばんは。女性の在りたい姿を応援する、エバーガールの有紀子です。

今時の女性は大変だ。いや、昔から、「母は強し」なのかな?
昨日、初めて、「家事代行サービス タスカジ」さんのヘルプをお願いしました。

じわじわ忍び寄るストレスと、お料理の効率化の参考までにと、体験談が、皆さんのご参考になれば、と思って、書きますね。

とその前に少々愚痴を・・。

 

現代版、子育て世代、働く世代の女性のストレスのもと

 

30、40代のママさん、こんなストレス、ないですか?

 

子供を産んで、育ててね。二人は子供を産んでね、でも幼稚園にもできれば入れてね。習い事もさせてね。文武両道、目指してね。ニコニコママで妻でいてね。
できれば私立の受験もお願いしたいな。塾の送迎もよろしくね。え?専業主婦?今時、働かないってどういうこと?みんな働きながらやっているんでしょう?経済効果を生まない人なんてパートナーとして失格。誰が食わせてやっていると。文句言うなら、僕ほど働いてから言え。
宿題は見てやってね。お母さんがちゃんと見ないとやっぱり子供は育たないわよ。
忘れ物が多いのは、やっぱりご家庭がしっかりしていないからじゃないからかしら。

PTAにも顔を出してね。6年に1度は役員をやってね。

家事?僕は忙しいから手伝えないよ。家のことは任せたから。
最近家が荒れているね。そういうおうちに僕は帰りたくないんだ。だから、もっと働いてくるよ。あ、土日も仕事。出張も行ってくるわ。帰宅時間?分かるわけないでしょう。ふざけんな。
ご飯はバランスよく、手抜きしないでね。身体のことを考えたヘルシーなものをよろしく。(子供は好まない)
手作りおやつ、理想的だよね。
有休?取れないよ。みんな休んでいないんだから。今が大事な時なんだ。だからあなたがよろしく。
最近太ったんじゃない?お化粧とかも手抜きじゃない?そんなんじゃ、魅力がなくなって女性として見れないよ。
そうそう、介護もよろしくね。長期休みには孫の顔を親族に見せてあげてね。
(女性の出産の高齢化で、親の手伝いも見込みにくいことは、世の中でかなり起こっている現象らしい。)
(自分の親にだってろくに顔出して孝行できていないのに、手が回るものか。)
ピアノの発表会の準備もよろしくね。習い事ごとに引き落とし口座違うんだよね。ピン札でお月謝は払うものよ。
毎日の習慣、親の愛情が大事なのよ。
孫の世話って、たまに可愛い顔を見るのならいいけれど、丸1日とか2日ってすごく疲れてもう無理(それをやっているんだけど!)
インフルエンザ、感染病。5日間学校登校禁止。私の予定はどうなるの?長期休みのお弁当。
旦那のおつまみ、毎日のおやつの買い物。
お風呂入ってね、歯磨きした?宿題やってよ。お手紙なあい?え、明日空き箱とリボン持ってきてッて!?今からダイソー行かなくちゃ。
それから、先を見て、自分のキャリアも考えなければならない。未経験で世の中そうそうとってくれないよ。
体力も落ちてくる。ウォーキング、ヨガ、筋トレ。それから、美顔マッサージに読書に、自己啓発もよろしくね。家に籠ってばかりじゃいけないよ。
新聞やニュースで時事を収集してね。え?世の中のこともわからないの?(チャンネル権ないし・・。)全く教養がないねぇ。
髪を振り乱して、下の子、上の子の世話をしていたら、挙句の果てに、もうあなたのこと好きじゃないから、別れたいと言われた。。。

自立しようとしたら、社員やお局、夫にイジメられた。。「短い時間にしか働けなくて、子供が病気なら休むくせに、しかも頭下げないって何よ。」、「まずは家事を完ぺきにやってから言えよ。」え?働きながら子育てって、社会的に罪!?

そんな色々なプレッシャー。子供にあたっちゃった。あぁ、罪悪感。私ってサイテー。

(ほとんど全部リアルです。一部フィクション。)

 

そんなのに溢れている

 

そんな時に、家事代行サービスのタスカジに登録されている、尚子さんの家事代行サービスを利用しました。

タスカジ

タスカジとは、

家事代行のマッチングサイトです。
私のお知り合いの尚子さんは、そこに登録され、週に2回、働くママさんのおうちへ、作り置きのお料理作りに行かれているそうです。
その合間をぬって、我が家にもお越しいただきました。

今回はお知り合いだったので、

目的は、
・バランスのとれて、子供が好きなお料理をご提案頂くこと
・効率よく美味しい料理の作り方の動きを教えて頂くこと
・料理以外の時間が欲しかった

でした。
事前にメッセージで打ち合わせをした、献立・食材リストをもとに、ネットスーパーで前日に食材を購入して。
あとは、少しお話するものの、お任せして、お使いや、お仕事ができました。2回目以降になると、お互い慣れて、モノの位置とか勝手、食の好みとかもわかるので元スムーズだそうです。

 

(撮影用に、今回使うものを最初に全部出してみました。お持ち込みのお道具類もあります。)

 

 

どんな内容?

 

タスカジのホームページを見ると、他にも、育児や掃除、お使いなどいろいろあり、一回3時間が目安だそうです。

だいたい、2000円台×3時間+交通費という分かりやすいお値段で、ホームページで簡単に見積もりができます。
ヘルパーさんのプロフィールや評価も見れて、外国のスタッフの方の登録も多く、外国人の利用者もいるようです。
研修制度も充実しているようで、皆さん評価が高かったです。

登録の方も、
・眠れるスキルを有効に
・パート比、高時給で
・自分の都合に合わせて

という風に配慮があるそうです。


うちは、母が、高齢になり、以前はたまに手伝いに来てもらっていたこともあるのですが、なかなか呼びにくくなりました。
14時には息子が帰ってきてしまうので、以後は何かと集中力が切れがちで、また、ろくに相手できないという胸の痛みもあります。
料理も、仕事も集中するときは集中したいので、こういうサービスは、とてもありがたいです。


専業主婦モデルが崩れつつあり、そういうご家庭も、世の中結構あるのだと思います。
家事って、なかなか金銭価値を計りにくいもの。

核家庭、ワーキングマザーが増えているので、こういう家事代行サービスは、需要が増えていくと思います。

働き盛り、育児真っ盛りの真っただ中、「全てを自分でやらなければならない」と抱え込むよりも、プロにお願いするのも一手だと感じます。
母であり、妻である前に、貴女は個人なのですから。自分を大事にできなければ、人に優しくなんて、できないですよね。

 

終わってみると

 

在宅時間としては、たったの3時間のサービスでも、その作り置きのごはんは、2、3日食べ続けることができる内容です。

6~8回分のごはんに、頭を悩ませずに、美味しくて栄養バランスのとれた食事がある。それだけでも、とても精神的に楽になります。
週末にまとめ作りをしているママもたくさんいらっしゃるでしょうが、その週末を家族団らんや自己啓発、旅行などに使いたい方もいるでしょう。

そんな方に、タスカジ、お勧めです。


多様なストレスに向き合い、時間が足りない世代だからこそ。
自分ができること、したいこと。必ず自分がやるべきこと、そうではないこと、など、いかに組み合わせるかが大事なのだと思います。
またの機会がありましたら(きっとあります!)よろしくお願いいたします。

私のこの経験が、どなたかの役に立ちますように。
そして、私も色々抱えていましたが、これを書くことで、少し楽になりました。

まとめ

男女平等化社会と言ったって、結局こういう現実があります。
少子高齢化と言ったって、出産の高齢化、核家族化により、こういう問題もあります。

◎外国人労働力の活用
◎子育てがひと段落した方の家事力の社会還元、収入化
◎子育て、自分育て世代の、凹凸

の問題にも、タスカジ含む、家事代行サービスなどは、今後必然となるのではないでしょうか。

そういったことを、

「甘え」ではなく、「当たり前」となる社会を望みます。

また、私たちも、全てを完ぺきにしようとせずに、甘えられる女性で在りたいと思います。

 

タスカジ料理代行の様子

 

 

この日の献立

3色野菜のナムル

炒めキャベツの豚汁

切干大根とあさりの煮物

ぶりの竜田揚げ

カレーポテトサラダ

鶏もも肉のハニーケチャップ炒め

今日はここまでにて~。

その後の話はこちらに。

Instagram