父の話

2016年11月17日
今晩は。女性の在りたい姿を応援するエバーガールの有紀子です。
週末に、私としては大仕事を控えています。
そんな時、ふと亡き父のことを思い出させる写真が見つかりました。
image

この写真は、確かフランスのアルザス界隈、私は26歳の時のものです。父が1980年代にアルザスに工場を作り、長になり、何年も欧州に単身赴任していました。その工場の25周年パーティーに参加するため、家族ごと、な現地に足を踏み入れる旅でした。旅費も持ってもらい、ついでに家族が住んでいたイギリスも寄りました。それでも父が私にカメラを向けると、恥ずかしがり抵抗し、斜に構えたこんな写真です。有難さを分かっていなかった。アルザス市長宅でお食事、という貴重な経験もしました。

父の葬式の時に、10年以上、父が海外単身赴任していた時の写真をアルバムにまとめ、来賓の親族に見ていただきました。たくさんの人に会い、食事をし、ワインを読み、異国を学び続けた父でした。
東京の自宅には、不在時も定期的に日経新聞と日経ビジネスが届けられました。三女で、家で遊び相手もおらず、夏休みや休日の、私の暇つぶしはそれらを読むことでした。

それに比べ、今の私は…。ちゃんと出会い、外に出て、学び続けているでしょうか。

反省仕切りです。

もっともっと勉強し、人に会い、無意識の力をあげたいです。残された母の話ももっと聞いてあげたいです。
目の前の週末のイベントをまず、成功させて、そのあとは、仕切り直して環境を整備します。ありがとうございました。

image

今年の3月に、父の三回忌も過ぎました。
毎年梅が綺麗です。一年、あっと言う間です。
父は、金沢市内で靴の問屋さんをやっている祖父の次男、7人兄弟の6番目でした。
金沢大学を卒業してから、上京。ソニーのサラリーマンでしたが、技術者から経営面に回り、欧州、台湾、中国などの工場立ち上げ、工場長をやり、現地で採用、教育も行い、起業家精神にも溢れる人でした。
その背中を見てきたので、私も海外に壁を感じることが少なく、「起業」という選択肢も取ったのでしょう。
時折父のことを思い出しては、「もっと頑張れ」と言われるに違いないと思っています。

もっと日々対話していきます。

父の写真集です。

こちらが葬式の時に私が作ったコラージュです。

image

30~40代の時は欧州が多かったですが、その後は台湾と中国に5年いて、60歳を過ぎても中国の会社に喜んでコンサルティングに行っていました。

image

image

寒山寺を信頼して通っていたようです。安藤さんも写っていますね。

image

上海時代 日経新聞にも名前が載りましたね。

image

欧州にて ’89年 とあります。私は9歳。数ヶ月に一度しか帰宅しませんでした。

image

image

フランスのアルザス市と工場設立の際、友好関係を結び、灯篭を寄贈しました。

image

image

この眼鏡、覚えています。贅沢をしないで子供3人を育ててくれました。

image

image

image

私が生まれる前には2年、家族とイギリスに滞在していたそうです。その際周遊していたようです。

image

語学が堪能だったわけではないと思うのですが、グローカライゼーションが上手な人で、どこにでも溶け込んで慕われていました。

image

image

たまに帰国するときには、ぬいぐるみや、ワイン、スウォッチの時計を買ってきてくれましたね。
お陰で時計が好きになり、各国の通貨を集めたりしていました。

image

面倒見もよく、慕われていました。

image

私が大学に入ると同時に、故郷の金沢に移住、根上の工場長に就任して、4年勤めましたね。
とても楽しかったことでしょう。

image

image

金沢が大好きで毎年必ず行っていましたね。

image

今から私に何ができるでしょうか?

image

image

最後は孫2人にも恵まれ、念願の男子も抱っこできましたね。
元気ですよ。

闘病で余命が・・という話の際にも、「言わなきゃわからない」と言って、マチュピチュに行って皆を驚かせました。

image

image

色々、心の中で会話してみたいと思います。

 

「ゆきちゃんそんなんじゃだめだよ。もっとやらなきゃ。」

 

必ずそういわれる気がします。

がんばるね!自慢の娘になりますね。

ちょっとのストレスやプレッシャーになんて負けない人になります。

ありがとう。

Instagram