BR8 白いネコは何をくれた? ~マーケティング入門~

2016年11月25日

こんにちは。女性の在りたい姿を支援する、エバーガールの有紀子です。
続けてブックレビューを書きますね。

 

「白いネコは何をくれた?」佐藤義典

 

image

Amazonリンク:http://amzn.to/2fun2ed

きっかけのつよしさんブックレビュー:https://goo.gl/zy0D8i

 

この数日、ちょっと落ち込んでいました。
幼稚園の衣装作りやフォーラム運営、苦手なことや初めてのこと。不安なこと。日々成長していく子育てのこと。そして荒れていく部屋。(今はまた断捨離スイッチが入って、片付けは順調です!)などなど。
前進しているのか、膠着しているのか、今すぐには分からない。大変なことを乗り越えて、さあ、次に踏み出そう。と切り替えた、そんな時、この本に出会いました。

この本は、マーケティング戦略を分かりやすいく書いてくれているのですが、読んで、とっても元気になりました。(なので、筆を取ります。)
ストレングスファインダーなどで、「自分の強みを活用しなさい」とは日頃から言われていますね。

それをビジネスに、生き方に、さらに発展させて勇気を与えてくれる本です。

人は、(私は)、ついつい無い物ねだりで、できていないことや、持っていないリソースに捉われてしまうことがあります。

そこを、この本は、DNAやアイデンティティのレベルから、「なぜおまえはあの時それを選んだのか。」「何が得意なんだ。」「何が好きなんだ。」「お前にしかないものは、なんなんだ。」と、白いネコの言葉を通じて、訴えてくれます。

以下、理論的なことを書きますね。

 

☆戦略BASiCS☆

 

B (Battlefield) 「戦場を選ぶ」 どこで、誰と戦っているのか?どこで戦いたいか、意思と能力で、戦場を選ぶ。
A (Asset)   「資源」 独自資源 自分は誰か?自分らしさとは何?目に見えない「独自資源」と「目に見える強み」、DNA、理念(3度の飯より好きなもの)
ソフトとハード、経験の棚卸をしよう~著作の場合は、法人と個人の分析をしています~
S (Strengrh) 「強み・差別化」 1人でやっているという事実を弱みから強みに変える 強いか弱いかという議論には意味がなく、事実から戦略を練る
i
C (Customer) 「顧客」 自分は誰と一緒にいたいのか ~セグメンテーション・ターゲット~ 顧客を絞り戦略的な決断を。自分の強みに合う人、共鳴する人を選ぶ
S (Selling message) 「メッセージ」自分は誰だと世の中に宣言するのか 顧客に見えるのは、顧客に見えるものだけ

~一貫性のある戦略を~

そして内にある輝きを放とう!

 

主人公は26歳の中規模広告代理店に勤める青年です。日頃の業務が雑になり、ついつい自分のリソースと強みを忘れてしまいがちになっていました。そこを突如現れる、「ボロ」、というネコの掲示により見つめなおすというストーリーです。

 

例えば、私であれば
・女性である、子供がいる、年を取った⇔すごく若くはない。夫はいない。夜の自由がある。
・片づけは下手⇔やるときにはできる。いざとなれば外注。
・数多いお客様がいらっしゃるわけではない⇔信頼してくれるお客様がいる。
・スタッフの手もない⇔お客様に寄り添うコンプレックス改善や傾聴などのスキルがある。
・白くて清潔な店舗はない⇔温かみのある家庭の温もりがあるサロンである。
・1人しかいない⇔個性が見える接客ができる。
・同僚はいない⇔指示される社長も上司もいない。業種を超えたフラットな仲間がたくさんいる。
好きな時にパパッと舵を変換できる。
・瞬発力はない⇔慎重に相手を知る努力は苦ではない。

あるもの、ないもの。そして自分で起業するのが好きだから今の道を選んだんじゃないか。商学部でマーケティングを勉強したんじゃないか。商売をしている仲間がいるんじゃ ないか。気づいたらそれを直ぐに実行できて、恵まれているじゃないか。アイデンティティから繋がっているじゃないか。そんな風に、目に見えないけれども持っているものを思い出し、勇気をもらいました。
ジブンを分析して、戦略を練っていく。自分にしかできない戦略を。そうやって、ワクワク生きて行こうと思うことができました。読んでよかったです。ご紹介ありがとうございます!

戦略のみならず、熱いメッセージに溢れる本でした。つよしさん、薦めてくださって、ありがとうございました。

つよしさんとは、来月頭に「マーケティング」をテーマにスカイプで読書会をします。毎月様々なテーマで開催してくださるのです。
これを入門として、あと2冊、読み進めていきますね。

これから起業する方、既に起業していて迷いがある方にお勧めの本です。

 

Instagram