メルカリでお片付け~続編~ 執筆中 フリー画像 -pixabay- のお世話になります。

2017年12月11日

こんにちは。女性の在りたい姿を応援する、エバーガールの有紀子です。

 

2週間ほど前から、メルカリでお片付け~のこす・うる・送り出す~の続編、「本の処分編」を書いています。

実際にはちょっと止まっていたのですが、引き続き再開しています。

今日は、本文中に挿入する画像を作って入れ込んだり、本文の中に出てくるワークにご協力頂いた方々に追加のご質問などをさせて頂いていました。

 

 

内容は、

 

・本を手放す基準

・理想の本棚とは(ワーク)

・本の処分法としてのメルカリ、メルカリカウル活用法

・他の手放し方

・電子化

 

などになりそうです。

 

並行して、今日はついにkindle paper whiteを売ってしまいました。

 

kindle fire 10を買っていなければ、手放す予定はなかったのですが、2年経っていて動作が遅いのが気になり、利用頻度が減っていました。

1ヵ月に1度も開かないので、であれば今使いたい、という方にお譲りしたいと思いました。

とっても本好きのかたが引き取って下さり嬉しいです。

初期化できたので、今から宅急便コンパクトで送付します。

持ち歩きもほとんどしていなかったのでとてもきれいです。

 

 

理想の本棚とは

 

ライフオーガナイズの考え方でもありますが、理想の本棚とは、一日の大半を占める自分の部屋の本棚を素敵にしようという考え方です。

本棚とは、本が収納で来ていればいいわけではないと考えています。

無駄に古い本がなく、今や今後、必要となる本だけを残し、スッキリすることが大事だと思うのです。

 

そのための選別の仕方、そして残した後にどういう本棚でありたいのか、ということを問うような内容にしていきます。

 

ですが、我が家もまだまだ理想の本棚つくりの途中ですし、(執筆を終える頃には終わらせたいと思います)人によって理想って違いますよね。

素敵な写真、ないかなーと、webを探したときにこれらの写真を無料で使うことができるサイトを見つけました。

 

pixabay

というサービスです。今回初めて知りました。

 

https://pixabay.com/ja/

 

リンクはこちらです。無料でもいただけますが、クリエイターさんへお礼でコーヒーをおごる!なんていうアイコンがあったり、アメリカ生まれの寄付の文化を感じることが出来ました。

無事に完成したら、寄付しますね!

 

 

グラフも、今回も真里さんが作ってくださりました。

ありがたいです。

アンケートにも、Facebookのメルカリグループの皆さんが応えてくださりました。

 

 

今回も、いろんな方の力を借りて本にしていきます。

 

自分1人ではできないことも、皆さんの力を借りることで実現が可能。

 

自分も「理想の本棚」について考えつつ、考えていることを、本にしていきます。

 

 

ただ、並んでいるだけではなく、ディスプレイでもあって、インテリアでもありたい。

そんなプラスアルファの空間を皆さんが作れるような、お手伝いをしたいです。

 

 

今回の本も気合が入っておりますー。

頑張ります(*^-^*)

 

前作、「メルカリでお片付け」はこちらからどうぞ!

 

 

次回の表紙はこういう風になる予定です。気が変わらなければ(笑)

師走で他にもやりたいことが色々あるので、出版の目標は今週末に設定しました。

どうにかなるでしょうか。

 

頑張ります!

楽しみにされてください!

 

Instagram