春休み☆山梨小淵沢・八ヶ岳旅行記 ~えほん村~

2017年5月16日

こんにちは。女性の在りたい姿を応援する、エバーガールの有紀子です。

 

すっかり春休み中のバタバタからアップが遅くなってしまいました。娘の誕生日に合わせて、山梨の小淵沢へ旅行に行ってきた時の記録です。

滞在したペンション、「ゲストインショムニ」さんと、「えほん村」がとても良かったので書いておきますね。

 

行ったのは4月3日(日)~4日(月)でした。春休みと言えども、日曜日だったのでどこも混んでいることはなかったです。

小淵沢についてまずは ほうとう を食べ、その後、中村・キースヘリング美術館へ行きました。

 

キースへリング美術館のHPはこちら★

 

まだ雪が残る涼しい小淵沢です。中にはニューヨーク発で一世を風靡し、日本でも人気を博したアーティスト、キースへリングの作品が多く展示されていました。

私の幼少期の記憶にもデザインは印象にありましたが、ニューヨークでのウォールアートやゲイの話、エイズなどのエピソードは知らなかったので、興味深かったです。

館内は写真撮影が禁止されていました。ショップやカフェもお洒落でした。子供たちが先を急がなければ、もう少しゆっくり観たかったです。

続いては美術館からも近い、

 

えほん村

 

に行きました。

ここはとても子供にとって良かったです。ホームページには、「0歳から100歳の子供の心へ」とありますね。

 

お庭は春になるとお花が咲くそうです。この時期はまだ見かけは残念でした。

入り口から内部まで、木彫りアートの作品が並びます。

こちらの作品たちは、作家さんにオーダーすることもできるそうです。

 

1階は展示室とセルフカフェ。2階が絵本のお蔵です。

この天井が低い感じ、屋根裏部屋に来たみたいで気分が童心に戻ります。

インテリアも曲線が多く子供にやさしいです。

展示の仕方も、とてもかわいらしいです。

普通のえほん、洋書、それから仕掛け絵本、パズルえほん、図鑑、などたくさん種類がありました。

子供たちは、好きなところから絵本をとって、好きな席で読みます。

木の葉のカタチのテーブルにフクロウの椅子。なんて夢があるんでしょう。

お子様連れの方には強くお勧めです♡

 

宿泊先 ゲストインショムニ

 

さん。こちらも日曜日ということで、通常4部屋あるものの、私たちだけの貸し切りでした。

お風呂も常時入ることができるのですが、チェックインしてから 道の駅 小淵沢にある温泉に行きました。

すっかりリビングが気に入った二人。ここでお夕食も頂きました。

 

今回この宿を選んだのは、このお誕生日プランがあったからです。

のんびり、美味しい山のお料理を頂きながら過ごしたい、と旅行を誕生日プレゼントにしました。

ケーキも食事に響かないよう、夜と朝に分けて食べたり融通を効かせて頂きました。

 

牧場も近くのどかな場所で、エントランスにハンモックもありゆったりしました。

また季節を変えて行ってみたい場所です。

 

翌日は軽く朝欄をしてから、

 

南アルプス国立公園

 

に行ってみました。

こちらも月曜日ということもあり、だーれもいなくて、お花もなくて、とても空いていました。

八ヶ岳が良く見えました。

夏休みなどは避暑地で家族連れに人気そうですね。

 

最後に寄ったのは、

 

八ヶ岳リゾートアウトレット

 

です。

ここは何度も来ているのですが、この山が見える気持ちのいい遊具が気に入っています。

予想通り子供たちも楽しんでくれました。

規模は大きくないですが、アウトレットやお土産物屋さん、飲食店などがあります。

子供たちも前回来たことを覚えていて、外で遊んだあとは、レゴのお店にまっしぐらでした。

最後に 道の駅小淵沢 スパッティオ

 

に寄って、ご飯を食べて帰りました。

小淵沢までは都内から2時間~2時間半ほどです。

 

気軽な1泊2日旅行におすすめです。

 

この時は、閑散期だったのでリゾナーレ小淵沢が改修工事中でした。

リゾナーレ小淵沢のマーケットも好きなので、また行きたいです♪

 

旅の終わりには、東名高速用賀インター近くの実家に寄りました。

例年通り桜も綺麗です。静嘉堂文庫近くの坂や、瀬田四丁目広場をお散歩しました。

歩いて二子玉川に行くと、フライングタイガーもできていました。

こんな感じで関東近郊でリフレッシュするコースが我が家の定番です。

他にはこんな感じです。

 

大洗アクアワールド 東日本大震災の日 日帰りトリップ

 

地引網と、2016年に行った7ヶ所の海の想い出集

 

ある夏の日の鎌倉 2016 ~1期生卒業子連れ遠足~ 

Instagram